スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

【オフレポ】第14回伝説厨オフ【BWGS】

7/14(日)に行われた伝説厨オフに参加してきました。

今回は初のGSルール参戦で全くGSの知識は無かったので、とりあえずやりたいことをやる!それだけを考えてPTを組みました。

軸は全国ダブルでも使っている、最早相棒と言っても過言ではないレパルダス。

今回のGS戦でもしっかり活躍してくれました。

というわけで、PT紹介(配分詳細は除く)と対戦レポにいきます!

【使用PT】レパルオーガスイッチ~レパルはGSでも活躍できるんだぜ~

510.gif 382.gif 484.gif 483.gif 645-therian.gif 560.gif

ポケモン持ち物技1技2技3技4
レパルダス気合の襷猫騙し雨乞い嘘泣きアンコール
カイオーガ拘りスカーフ潮吹き濁流吹雪
パルキア食べ残し亜空切断身代わり守る
ディアルガヨプの実竜の波動大地の力火炎放射トリックルーム
ランドロス霊獣地面のジュエル地震岩雪崩逆鱗守る
ズルズキン拘り鉢巻けたぐりドレインパンチ噛み砕くストーンエッジ

というわけでここから対戦レポ(予選)
**************************************************************************
1戦目 VSみやこさん ◯2-0

Scar:レパルダス、パルキア、ランドロス、カイオーガ
みやこ:カイオーガ、コジョンド、ミュウツー、トゲキッス、(パルキア、バンギラス)

初戦は初GS同士の対決。
レパルキア選出。パルキアが上手く身代わり貼って雷、亜空切断で削った後にスカーフオーガで潮吹きぶっぱしてたら勝ってた。
**************************************************************************
2戦目 VSサミットさん ◯3-0

Scar:レパルダス、カイオーガ、パルキア、ズルズキン
サミット:ハリテヤマ、シャンデラ、カイオーガ、ディアルガ、(クレセリア、グラードン)

初手で襷シャンデラにトリル張られるも、冷静にアンコールでハメて勝ち。2連勝。
**************************************************************************
3戦目 VSミーサさん ◯2-0

Scar:レパルダス、パルキア、カイオーガ、ランドロス
ミーサ:ドーブル、ギラティナA、トゲキッス、カイオーガ、(コジョンド、パルキア)

ダークホールドーブル。レパルキアで猫身代わりからパルキアはしっかりダクホすかしつつ、嘘泣き雷でキッス9ぶっとばしつつ、なんやかんやしてたら勝ち。3連勝。
**************************************************************************
4戦目 VS勝海さん ●0-2

Scar:レパルダス、カイオーガ、ディアルガ、ズルズキン
勝海:カポエラー、ギラティナA、ユキノオー、カイオーガ、(ミュウツー、メタグロス)

交代出しのノオーによる天候変化でレパルの襷が削られ、更にその後の吹雪でレパルが仕事できないまま落とされる。オーガが潮吹きで頑張るも普通に耐えられて、ギラティナに追い風張られて為す術もなく終戦。追い風対策出来てなかったのが敗因。この日初負け。
**************************************************************************
5戦目 VSつくもさん ●0-2

Scar:レパルダス、パルキア、ディアルガ、ズルズキン
つくも:ルンパッパ、キノガッサ、カイオーガ、ディアルガ、(クレセリア、ドサイドン)

先日パルキアの個体を提供してくださったつくもさん。トリル張られてオーガの潮吹きに押し込まれて負け。これでここまで3-2。開幕3連勝で確定かと見えた予選通過に黄信号灯る。
**************************************************************************
6戦目 VSしのさん ◯3-0

Scar:レパルダス、パルキア、カイオーガ、ランドロス
しの:コジョンド、パルキア、ホウオウ、クレセリア、(グラードン、トゲキッス)

初手で深読みしてアド取られるも、パルキアを落としたあとは後発のカイオーガで潮吹きぶっぱして勝ち。これで4-2。この時点で2敗がScar,勝海,ミーサ,,しゃむの3人に絞られるも、しゃむさんとの対戦を残していてかつ、ミーサさんには直接対決で勝ってるので、次勝てば予選2位以内が確定、決勝T進出が決定する。
**************************************************************************
7戦目 VSしゃむさん ◯2-0

Scar:レパルダス、カイオーガ、パルキア、ランドロス
しゃむ:カイオーガ、トゲキッス、ユキノオー、ミュウツー、(ディアルガ、カポエラー)

相手はキッスオーガ。何も考えずに嘘泣き+潮吹きを選択すると、相手のトゲキッスはこの指を選択。初手で相手のトゲキッスの処理に成功。あとは半減なんか関係ねぇとばかりに嘘泣き潮吹きぶっぱして、微妙に残ったのを後発で処理して勝ち。
**************************************************************************

これで予選全7試合を消化し5勝2敗。同じ5勝2敗でScar、勝海、ミーサの3人が並ぶも、直接対決の差で1位勝海、2位Scar、3位ミーサが決定。ミーサさんが3位になったので、全4ブロックから各3位までの計12名が決勝T進出することに。トーナメント表は1位抜けの4人がシード。

対戦相手はルギアブロックの3位の人に。ルギアブロックはなかなか結果が出ず、抽選の末3位はWCS日本チャンプげべぼさん。げべぼさんとは予選の休憩時から、お互いレパルで決勝Tに上がってレパルの強さを見せつけよう!と話をしてたので、お互い決勝Tには上がってきたものの、まさか1回戦でいきなり当たることになるとはさすがに予想していなかった。

というわけで、対戦レポート決勝トーナメント編いきます。
**************************************************************************
決勝トーナメント1回戦 VSげべぼさん ◯1-0

Scar:レパルダス、カイオーガ、ディアルガ、ズルズキン
げべぼ:レパルダス、パルキア、ディアル、霊獣ランドロス、(ミュウツー、ラティオス)

間違いなくこの日一番熱い戦いであり、レパルミラーとなったこの対戦。げべぼさんのPTは対トリパ対策が薄そうだったので、レパルオーガからのスイッチ戦法に決定。レパルキアからのスイッチも考えたが、ランドに対する打点が薄くなりそうだったのでレパルオーガ選出にした。当然先発はお互いレパルダス。此方がレパルを使いこなしてることは、げべぼさんも知っているので、下手に勝負はしかけず安定行動だろうと読み、此方も安定行動でパルキアに猫騙し、カイオーガ→ディアルガチェンジを選択。すると相手のパルキアが守り、レパルがアンコール。勿論そのパターンも考えていたが、ここでそうしてくるとは・・・絶望。これでレパルを引っ込めざるを得なくなり、次のターンディアルガに嘘泣き+竜技が飛んでくると予想、下手に交代出しして受けたところで誰も耐えれないので、スイッチ戦法は諦めディアルガは捨てて上からオーガで殴る方針に変更した。
相手は予想通りに動いてきたので、相手のレパルキアの前にオーガズキンを並べることには成功する。次のターン、カイオーガは当然潮吹き、ズキンはパルキアの竜技を受けた場合回復したいのでけたぐりではなくドレインパンチを選択。すると相手はレパルダス→ディアルガにチェンジ。潮吹きが相手のディアパルにヒットし、パルキアのHPを約2割、ディアルガのHPを半分強削ることに成功。そして・・・

パルキアの あくうせつだん!カイオーガには あたらなかった!

ここでカイオーガ先生やってくれました。流石です。ズキンがドレインパンチをパルキアにあてパルキアのHPは残り2割強に。伝説枠としてパルキア・ディアルガが出てきた時点で、おそらく相手の最後のポケモンはランドロスだろうと予測してたので、相手はここで交代するわけにもいかないはず。当然次のターンもオーガの潮吹き+ズキンのドレインパンチを選択。するとパルキアが守り、ディアルガを落とすことに成功。相手は死に出しでレパルダス。そしてこの時点で相手の最後のポケモンがランドロスであると確信。
カイオーガが亜空切断を避けたことで状況は一気に五分へ。カイオーガは拘ってるため、このまま削られると潮吹きでのダメージが期待出来なくなること、またパルキアに潮吹きを打ってもおそらく低乱数でしか落ちないことを考えて、カイオーガ→レパルダスに交代を選択。すると相手はレパルダスがカイオーガ側に電磁波、パルキアがハイドロポンプをズルズキンへ。タイプ一致白玉雨ハイポンはさすがに耐えることが出来ず、ズキンが落ちてしまう。そして死に出しで最後のカイオーガが登場。
勿論、選択は素吹雪一択。レパルで相手のレパルに猫打って、吹雪の予定でしたがレパルが麻痺して動けず。しかしレパルダスの先制電磁波を浴びるも、オーガがしっかり動き素吹雪を両方に当てパルキア撃破に成功。ついでにレパルダスは氷状態に(とは言え、相手のレパルダスはもうやることがなかったのであまり意味ない)。
最後に出てきたのは、予想通りランドロス。おそらく地震圏内まで岩雪崩によるまひるみ狙いで削ったあとに地震という展開が予想できたので、とりあえずカイオーガが動いてくれるのを祈るのみで、レパルダスは一度ランドに雪崩を打たせたあとにアンコールで岩雪崩で縛ることに。
そこから4ターン麻痺、怯みで動けなかったり、一度は動くも吹雪が当たらなかったりして、これで動かなければ負け!って場面でなんとか動いてしかも吹雪を当てていくカイオーガ大先生。これは相手のランドロスも耐えきれず、ダウン。最終的に1-0でなんとか勝ちました。決勝トーナメント1回戦突破。
**************************************************************************
決勝トーナメント2回戦 VSワイルドさん ◯1-0

Scar:レパルダス、パルキア、ディアルガ、ズルズキン
ワイルド:コジョンド、カイオーガ、ラティアス、ミュウツー、(パルキア、ナットレイ)

ナットレイの処理を考えて、ディアルガまたはズルズキンの選出は確定。それ以外はトリル耐性の無いポケモン多かったので、レパルキア選出からのディアルガズキンへのスイッチ戦術で決定。初手の特性発動順で、カイオーガの持ち物がスカーフであることが分かる。いずれにせよオーガは処理できるうちに処理しておきたかったので、パルキアの嘘泣き雷でオーガを粉砕。相手がそこから出してきたポケモンはラティアス。そこから一度パルキアを下げてディアルガ、ズキンを出していく。ディアルガがコジョンドの蹴手繰りを貰うも、威嚇+ヨプの実で半分以上のHPを残して耐え、トリルを張ることに成功。またラティアスの竜の波動のダメージから、眼鏡持ちであると判断。
この時点で見えていた相手のポケモンが、コジョンド、カイオーガ、ラティアスであったため最後の枠はミュウツーであると判断。トリル下で有利な状況で試合を進め、最終的にトリル最終ターンでパルキアVSミュウツーの1対1という対面に。双方体力も削れており、ミュウツーを亜空切断で落とせるかは微妙なライン、同様にこちらのパルキアも珠orジュエルサイコブレイクを耐えるかも微妙なライン。パルキアの持ち物残飯はバレていたので、身代わりも警戒されており、完全に択ゲー。ただしここで亜空切断が通って、乱数で落ちるor急所で落ちるリスクを考えると、守ってトリルが切れてから確実に殴る方に掛けてくる、つまりこのターンは守ってくると読んで、パルキアは身代わりを選択。結果的に予想通り、ミュウツーが守ってパルキアは無償で身代わりを張ることに成功。
ミュウツーが連続技を持っていることはありえないので、あとはまもみがで粘ってればほぼ勝ち確の状態。相手の持ち物が命の珠だったので、確1圏内に入ったことを確認してからパルキアで殴って勝ち。そんなわけで決勝トーナメント2回戦突破。これでベスト4となり、次は準々決勝。
**************************************************************************
決勝トーナメント準決勝 VSミーサさん ●0-2

Scar:レパルダス、カイオーガ、パルキア、ランドロス
ミーサ:ギラティナ、コジョンド、トゲキッス、カイオーガ、(ドーブル、パルキア)

予選で当たったミーサさんと再び対戦。予選でパルキアの身代わりを見せてることも考えると、ドーブルの選出はないと予想。また確実にレパルキア対策もしてくると読んで、レパルオーガの選出。裏にランドとパルキア。初手でコジョンド、ギラティナの猫騙しの通らない2体が出てきて、やや辛い対面。ギラティナに威嚇を入れることを考えて、レパルを下げてランドを選択。相手は猫騙しとドラゴンクローをカイオーガに集中。ランドの威嚇が入ったこともあって、3割程度のダメージで済む。そしてついにランドロスに仕込んだ地雷技逆鱗の出番が登場。ここからオーガが濁流ぶっぱ+ランドロス逆鱗祭りの始まり。相手はコジョンドに変えてトゲキッス、濁流と逆鱗でゴリゴリ削っていくも、なかなか逆鱗が当たって欲しい方向に当たってくれない。3ターン動いた後に、ランドが混乱し、それまでにトゲキッスの処理には成功する。その間に此方はオーガを下げてパルキア、その後混乱を掻い潜って逆鱗をようやくギラティナにぶち込みギラティナの処理に成功。で、色々あって最終的に次のターン濁流当てればほぼ勝ち確の流れに。そう次のターンにね。つまり次のターンが回ってくればね。

(相手の)カイオーガの だくりゅう!カイオーガの 急所に当たった!

:::::::::::.: .:. . ∧_∧ . . . .: ::::::::
:::::::: :.: . . /彡ミ゛ヽ;)ヽ、. ::: : ::
::::::: :.: . . / :::/:: ヽ、ヽ、i . .:: :.: :::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

これでカイオーガが落ちて試合終了。1回戦で亜空切断を避けて勝ってることを考えれば仕方なかったのかもしれない。というわけで、オフ初優勝の夢は儚く散り、3位決定戦へ。
**************************************************************************
決勝トーナメント3位決定戦 VS勝海さん ●0-2

Scar:レパルダス、カイオーガ、ディアルガ、ズルズキン
勝海:カポエラー、ギラティナA、ユキノオー、カイオーガ、(ミュウツー、メタグロス)

というわけで、此方も予選で一度対戦している勝海さんと対戦。正直追い風対策が出来てなかったので、勝てる見込みはほぼ無かったので、1点読みでワンチャンを狙っていくしかなかった。選出は初手含めてお互い予選の時と完全に同じ選出。予選では初手ギラティナ追い風+カポエラーがノオーに交代という行動だったので、今回も同じ行動を取ってくると予想。ということで、此方の初手の行動はギラティナに嘘泣き、カイオーガが吹雪を選択。すると、まずカポエラーがノオーに交代、そして次に動いたのはレパルダスの嘘泣き→ギラティナ。この時点で俺ドヤ顔の雄叫びをあげる。そして、会場も「おっ!?おっ!?」という流れに。そして・・・

カイオーガの ふぶき! 会場「うぉー!!」

当然ギラティナのHPはどんどん減っていき・・・

ギラティナ■■□□□□□□□□
・・・
・・・
・・・
:::::::::::.: .:. . ∧_∧ . . . .: ::::::::
:::::::: :.: . . /彡ミ゛ヽ;)ヽ、. ::: : ::
::::::: :.: . . / :::/:: ヽ、ヽ、i . .:: :.: :::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

この日が初GSだっただけに、GS戦の知識のなさを露呈。まさか耐えるとは思ってもいなかった。
当然ギラティナに追い風を張られてしまう。次のターン。ギラティナがアンコール警戒で交代するのは予想出来たので、それを前提に考える。とりあえず追い風を張られてしまった時点で、トリル戦法に切り替え、更なるワンチャン一点読みに賭けることにする。ということで、ギラティナ→カポエラーに交代。ユキノオー吹雪と予想。ノオーの吹雪はレパルの耐久じゃ耐え切れないため、ここでレパルは天候を変える雨乞いを選択。そしてカイオーガをディアルガに交代。しかし相手の取ってきた行動は、両チェンジ。つまりカイオーガ、カポエラーが降臨。ディアルガの無償降臨には成功したものの、かなりきつい対面になってしまう。
これ以上どうすることも出来なくなってしまったので、ここでレパルダスをズルズキンにチェンジ、ディアルガがトリックルームを選択。素早さだけ見ればトリルさえ張ってしまえば・・・という可能性が残ってたのでそこに全てを賭ける。ところが相手のカイオーガの持ち物は拘り眼鏡。交代出しのズルズキンは耐え切れず、ディアルガも4割程削られる。更にカポエラーのジュエルインファイト。これを威嚇+ヨプ込みで残り僅かにHPを残して耐え、トリックルームを張ることに成功。しかしズキンがいない状況でトリルを張っても、大きなアドバンテージもなくかなりきつい状況になる。次のターン、ズキンの死に出しででレパルダスを召喚。嘘泣き龍波動をカポエラーに集中するも、ここで再びGSの知識の無さを露呈してしまう。嘘泣きは通ったものの、相手のカポエラーのマッハパンチがディアルガに飛んできて、ディアルガが死亡。死に出しで最後のポケモンカイオーガを出す。
しかし相手のカイオーガ、ギラティナが残ってる状況でどうすることも出来ず、そのままカイオーガ、レパルダスともに倒されて負け。この時点で順位が決定、4位となりました。
**************************************************************************

そんなわけで初挑戦のGS戦は4位という結果になりました。

あそこまで行ったので、欲を言えば優勝したかったですが、まだまだってことですね。

今回の反省を踏まえて、次回以降また狙いたいと思います。

とりあえず、今回の対戦で変更したほうがいいと思われる点を挙げておきます。

・レパルダスの雨乞い→電磁波
追い風対策、雨乞いは結局3決でしか使わなかった(それも成功しなかった)

・ズルズキンの耐久を眼鏡オーガの潮吹き耐えまで引き上げる
これは全国ダブルで使ってた個体を技を変えてそのまま持ってきただけであったため、要変更だと思いました

・ランドロスの持ち物・技の変更
逆鱗は不安定な技ですが、なんだかんだ強かったと思うのでまた使うと思います。ランドが何も考えず地震を打てる相方がディアルガしかおらず、そのディアルガをランドを同時選出することはPT戦術上ありえないので、ほぼ死に技となっていました。パルキアはこのPTの場合プレッシャーの方が活躍出来ると思うので、地震→何か、にすべきだと思いました。レパルに電磁波を搭載すれば、岩雪崩は使いやすくなると思うので、そのまま残そうと思います。

以上ざっと変更ポイントを挙げてみました。

次回の伝説厨オフは6世代環境になってると思いますが、今回の反省踏まえてより強いPTを用意したいと思います。

また4位になった賞品として、ブラックキュレムドールを頂きました!ありがとうございます!

というわけで、今回のオフレポはここまで。参加した方々、お疲れ様でした。
スポンサーサイト
00 : 11 : 03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

Scar

Author:Scar
ポケモン関係がメイン。PT/単体の考察とか紹介とか、その他諸々。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (52)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。