スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

【PT紹介】Scarレパルスタン【全国ダブル】

【Scarレパルスタン】
510.gif642.gif381.gif
645-therian.gif637.gif534.gif
            
ポケモン持ち物特性技1技2技3技4
レパルダス悪のジュエル悪戯心猫騙しイカサマ日本晴れ嘘泣き
化身ボルトロスオボンの実悪戯心10万ボルト電磁波威張る挑発
ラティオス命の珠浮遊流星群サイコキネシス凍える風守る
霊獣ランドロス気合の襷威嚇地震岩雪崩蜻蛉返り守る
ウルガモスラムの実炎の体熱風虫のさざめきめざパ地面蝶の舞
ローブシンキーの実鉄の拳ドレインパンチマッハパンチ岩雪崩見切り

半年間レパルダスを使い続け、電磁波・威張るイカサマ軸のレパルボルトから始まり、レパルの長所をより活かすために手を加えていった結果、この形となりました。なのでこのPTはレパルボルトではなく、レパルスタンという名称にしています。実際初手でレパルボルトを並べるのは15~20%でそう多くありません。

レパルダス、ボルトロス、ラティオス、霊獣ランドロスの4体については早い段階(4月頃)にはほぼ固定されており、残りの2枠をヒードラン、ハッサム、水ロトム、トリトドンなどを様々な形で試し、オフやレートでの対戦を経てウルガモス、ローブシンの2体となりました。

ウルガモスは炎に対する受け性能ではヒードランと比較して劣りますが、流行りのローブシンに対して一方的に強い点、レパルダスとの相性の良さを考えて採用しました。

一方ローブシンは、それまでの5体で重くなりやすかったトリトドン、ヒードラン、バンギラスに対して強い点で採用しました。当初はこの枠はハッサムだったのですが、ジャパンカップの影響もありヒードランが流行り始め、ヒードランに打点を持てるのがランドロスしかいないこと、それに合わせてめざ地ラティを採用したこともありましたが、技スペ的にラティオスにめざめるパワーを入れることが厳しかったので、ローブシンを採用しました。

以下、個別解説に移ります。

【レパルダス】
159(156)-108-86(124)-x-70-170(228)
猫騙し/イカサマ/日本晴れ/嘘泣き
持ち物:悪ジュエル
・S最速ガブリアス抜き
・A216ランドロスの蜻蛉返りを確定耐え
・A205メタグロスのコメットパンチを最高乱数以外耐え

このPTのシンボルであり、軸となるポケモン。猫だましによる場を整えるサポート、日本晴れ・嘘泣きによる火力のサポート、手動日本晴れでの天候書き換え、イカサマでの不意の攻撃が役割となります。
レパルダスと言えば悪戯心による先制アンコールが有名ですが、このPTではアンコールは採用していません。その理由としては1.単純に技スペがきつい 2.アンコ警戒読みといった読みの負担を減らす 3.レパルダスというポケモンを見せるだけでアンコールを警戒させることが出来るの3つが主な理由になります。1.についてはレパルダスは採用した4つの技以外にも、アンコール、電磁波、威張る、身代わり、不意打ちなど採用したい技は沢山あり、その中でもこの4つは絶対に切れなかったのでアンコールは不採用となりました。2.についてはアンコ読み交代等により、アンコールを外して無駄撃ちになるのを防ぐため。3.というのが最も大きな理由で、レパルダスというポケモンを見せるだけで相手は守るや積み技を使うことを躊躇してくれます。つまり技を5つ持っていることと等しく、立ち回りではアンコが無いのをバレるのを防ぐために4つ目の技を出来るだけ隠して戦うことが重要になってきます。
持ち物は当初は気合の襷を持たせて回していたのですが1.ランドロスに襷を持たせたかった 2.イカサマのダメージが大きく変わってくるという点で悪のジュエルを採用しました。
配分については、持ち物を襷ではなくジュエルにしたことで最低限の耐久が必要になります。意識したのは現在の環境の中心にいると言ってもよい霊獣ランドロスです。持ち物も襷・スカーフとあり、苦手な相手に対しては蜻蛉返りでダメージを入れつつ帰っていくことが多いポケモンです。地震・岩雪崩・蜻蛉返りの搭載率の高い技の中で、レパルダスに対して最も大きなダメージを受けるのは蜻蛉返りであり、特にスカーフランドの蜻蛉返りは絶対に耐えねばなりません。従ってこのような配分となりました。Sについては最速にするメリットがミラーとコジョンドぐらいしかなく、ミラーにおいては最速にしたところで同速勝負の運ゲーであり、コジョンドは現在の環境では殆どいないことから、イカサマの攻撃対象となる最速ガブリアス抜きまで落とし、その分の努力値を耐久に回すことで最低限必要な耐久+最低限必要な素早さを実現しました。

【化身ボルトロス】
182(220)-x-97(52)-146(4)-138(204)-135(28)
10万ボルト/電磁波/威張る/挑発
持ち物:オボンの実
・S最速70族抜き
・C182ラティオスのジュエル流星群を最高乱数以外耐え

基本的には攻撃よりも電磁波、威張る、挑発で味方のサポートが主な役割ですが、レパルダスの嘘泣きと絡めることにより、スイクンやトゲキッスを一発で持っていく火力も備えています。霊獣ランドロスへの打点を考えて、臆病個体で挑発の代わりにめざ氷を採用する型も長く使っていたのですが、最終的には挑発の安定感を買ってこちらの型を選択しました。挑発が無い場合、特にそれを知られている場合、相手のモロバレルやクレセリアに好き放題されてしまい、それが直接負け筋に繋がってしまうため、そのリスクを排除するために挑発を採用しました。
威張るという技は、このPTにおいて非常に重要な役割を果たします。レパルダスのイカサマをサポートのための威張る、ローブシンのいばキー発動のための威張る、そして相手の動きを止めるための威張るです。威張るという技は、常にワンチャンスの勝ち筋を残せる非常に優秀な技です。局面によっては、相手のランドロスやバンギラスに対して威張ることもあります。その反面命中が90%であるため、重要な局面で外して計算が狂ってしまうこともありますが、特性悪戯心との相性も良く素晴らしい技だと思います。
努力値配分については、穏やかボルトの基本型であるラティのジュエル流星耐えです。ただし、最高乱数は切りました。最高乱数を切った理由としては、最高乱数を切ることによって余った努力値をBに回せる点です。ボルトロスは元々Bが低いためステータス1の違いがダメージにもそのまま反映されます。特に穏やかボルトロスは岩雪崩の被弾回数も多いため、そのダメージを減らすためにこのような配分にしました。素早さについては先制技のマッハパンチや催眠技キノコのほうしを持つキノガッサ意識の135としました。穏やかボルト同士の勝負はイタチごっこにしかならないと思ったので、必要最低限の素早さを確保し残りを前述の通りBに回しました。

【ラティオス】
156(4)-x-100-182(252)-130-178(252)
流星群/サイコキネシス/凍える風/守る
持ち物:命の珠
・嘘泣き珠流星群でH227D165クレセ確定1発
・嘘泣き珠流星群で砂下H207D120バンギを確定1発
・珠ダブルダメ凍える風で無振りランドを中乱数(9/16)で1発
・一般的なジュエル流星耐え調整のポケモンに対し嘘泣き珠サイキネで中~高乱数(9-12/16)で1発
・S最速

このPTのメインアタッカー。レパルダス、ボルトロス、ランドロス、ウルガモス、ローブシンどのポケモンと並べても非常に相性が良く、最も選出率の高いポケモンです。配分は極一般的なCS型です。持ち物はジュエルか珠かでかなり迷いましたが、最終的には命の珠となりました。その理由として1.嘘泣きを絡めた場合ジュエル流星群ではオーバーキル気味になってしまう 2.大抵のローブシンを珠サイキネで1発で落とすことが出来る 3.こご風ぶっぱしてるだけのことも多いので珠の方が恩恵を受けやすいの3つです。そして、このラティオスの一番の特徴として、凍える風を搭載しました。レートやオフでも凍える風を搭載しているラティオスは、まず見かけないと思います。ラティオスに氷技を搭載する場合は、基本的に冷凍ビームだと思うので初見殺し要素にもなり非常に強かったです。凍える風を搭載した経緯としては、日本代表決定戦の頃にラティランドが非常に流行っておりレパルダスの猫騙し+ラティオスの凍える風でラティランドに対する解答としました。それ意外にもスカーフバンギに対して、猫こご風で上を取ったあとに嘘泣き流星群で縛り返せたり、ハッサムやニョロトノに1発入れることでローブシンで抜けたりと非常に強力な技でした。4つ目の技も威張るの他、壁など色々試したのですが、最終的には安定の守るで落ち着きました。先発で出しても、後発で出しても非常に強くボルトロスと並んでレパルダスと最も相性の良いポケモンの1匹だと思います。

【霊獣ランドロス】
165(4)-216(252)-110-x-100-143(252)
地震/岩雪崩/蜻蛉返り/守る
持ち物:襷
・S準速

普通の襷意地っ張りASランドロスです。威嚇枠として採用しました。陽気で使ってた時期が長かったのですが、基本的には同族との勝負にしかならない他、微妙に火力が足りなかったりしたので意地っ張りに変更しました。この枠についてはこれ以上言うことはないと思います。至って普通の配分、技構成ですがとりあえず強かったです。

【ウルガモス】
161(4)-x-89(28)-182(216)-126(8)-167(252)※めざ地個体
熱風/虫のさざめき/めざめるパワー地面/蝶の舞
持ち物:ラムの実
・S最速(サザンドラを確実に抜くため)
・嘘泣きさざめきでH224D165クレセ確定1発
・1舞晴れ熱風で無振りランド確定1発
・2舞状態で雨グドラ抜きかつH4グドラをさざめきで確定1発
・H187D121グロスを晴れ熱風で確定1発
・C147キングドラのジュエル流星群を確定耐え
・威嚇が1回入ったA216ランドロスの岩雪崩を最高乱数以外耐え

ラティオスに次ぐ第二のアタッカー。レパルダスとの相性も非常に良く、蝶舞+レパルダスのサポートによりあわよくば全抜きを狙います。虫技は非常に刺さりが良いので、蝶舞後の嘘泣きさざめきでほぼ全てのポケモンを落とすことが出来、非常に強かったです。配分はCSベースですが、最低限必要だったC182を確保して残りをわずかながら耐久に回すことで、1度威嚇を入れたランドロスの岩雪崩を耐えることが出来るようになり行動の幅が大きく広がりました。また1度舞った後は電磁波や威張るが非常に飛んで来やすいポケモンなので、持ち物はラムの実としました。
また守るを切ってめざ地を入れた理由ですが、元々は熱風/さざめき/蝶舞/守るの技構成で使ってたのですが、1.上から殴るポケモンなので守る機会が少ない 2.シャンデラ、ヒードランが止まってしまうという理由からめざ地を採用しました。とにかくシャンデラ、ヒードランを呼ぶので非常に効果的でした。
このポケモンは元々特防も高く、蝶舞を積んでいくことで特殊方面はかなり硬さになります。特殊方面の硬さを利用して、レパルダスの日本晴れを組み合わせて水弱点を消すことで対雨もこのポケモンで見ることができました。元々雨PTはトノグドラ以外のポケモンに対してウルガモスの刺さりが良く、トノグドラの2体も虫技は等倍で通るので晴れ蝶舞からさざめき・熱風での全抜きを狙うことが出来る上、そもそも相手の選出の裏をかくことも出来て非常に強かったです。

【ローブシン】
207(212)-205(212)-116(4)-x-93(60)-68(20)
ドレインP/マッハP/岩雪崩/見切り
持ち物:キーの実
・H16n-1
・A2段階upドレインパンチでH175B120ハッサムを確定1発
・S最遅70族+1

基本的には後発で使います。バンギ等に対して裏から投げて、居座って殴ります。最遅珠アムハンローブシンが流行ってますが、このPTでは持ち物はキーの実を採用し、Sもスタンパでの同速勝負を意識して68としました。元々は最速60族-1の57で使っていたのですが、刺さりが悪く対トリパは元々挑発や嘘泣き流星群でトリルを張らせないというスタンスだったので、対スタンを厚くすべく68としました。ボルトローブの並びは非常に強力であり、電磁波や威張るを組み合わせることで多くの縛りを逆転できます。元々はA抑え目で特殊方面をかなり固くした配分だったのですが、ハッサムを一発で落とすという目的からA205まで引き上げました。いばキーローブシンは現環境ではかなり減っており、いばキーからのドレインパンチによりハッサムだけでなく、トリトドン等のポケモンを1発で落とすことが出来、非常に強かったです。
一般的なローブシンはドレパンorアムハン、マッパ、冷P、守るという技構成が殆どですが、このPTでは冷凍Pではなく岩雪崩を採用しました。その理由として、シャンデラ、ウルガモスへの打点。ボルトの電磁波と組み合わせたまひるみ狙いが挙げられます。通常の技構成のローブシンではウルガモスに打点がなく、ボルトローブの並びにたいして出てきたウルガモスに対して有効打がなく、それを返り討ちにするために採用しました。実際ウルガモスを岩なだれで落とすシーンは多かった他、対戦終盤にはドレパン圏内までまひるみを狙うことで本来不利な相性関係をもひっくり返すことが多く、岩雪崩を採用したのは正解だったと思います。


以上個別解説になります。

非常に初見殺しの要素が多く、最大3試合を行うマッチ戦では特に有利に動くことができました。

また初手選出も、レパルボルト、レパルラティ、レパルウルガ、ボルトラティ、ボルトランド、ボルトローブ、ラティランド、ラティウルガと非常に選択肢が広く、相手に応じて様々な戦法を取ることができるのも非常に強力でした。

後日、選出・立ち回り編及び補足事項を書き足したいと思います。

かなり扱いは難しいPTだとは思いますが、扱いに慣れればかなり強力なPTになると思いますので、是非使ってみて下さい。
スポンサーサイト
22 : 05 : 24 | PT紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

Scar

Author:Scar
ポケモン関係がメイン。PT/単体の考察とか紹介とか、その他諸々。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (26)
オフレポ (12)
公式大会 (3)
ニコ生 (2)
PT紹介 (8)
段位戦 (0)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。