スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

【PT紹介】サナバレルスイッチ【VGC2015・ヴィクトリアリーグ3位】

3/28(土)に行われたヴィクトリアリーグトーキョーで使用、当日予選スイスドロ-6勝1敗(全体7位)、本戦出場者決定戦勝利、本戦5勝2敗で本戦3位となった構築です。3/15(日)に行われたDEXオフでも同じ構築を使用し、予選6勝2敗で1位通過、決勝トーナメント1回戦敗退でした。ヴィクトリアリーグでは、その時の反省を元に一部改良し持ち込みました。

azumarill.gifamoonguss.gifthundurus.giffc-landrus.gifmega-gardevoir.gifheatran.gif

  
ポケモン持ち物特性技1技2技3技4
マリルリ突撃チョッキ力持ちアクアジェット滝登りじゃれつく叩き落とす
モロバレルゴツゴツメット再生力めざパ地面キノコの胞子怒りの粉守る
ボルトロスオボンの実悪戯心10万ボルトめざパ氷電磁波挑発
ランドロス拘りスカーフ威嚇地震岩雪崩馬鹿力蜻蛉返り
サーナイトサーナイト
ナイト
トレース
→フェアリースキン
ハイパーボイスサイコキネシストリックルーム守る
ヒードラン防塵ゴーグル貰い火熱風大地の力原子の力守る


この構築を組むに至った経緯としては、電磁波、追い風が蔓延する環境の中で、それらに強いトリックルームギミックを入れた構築を使いたかったことが第一に挙げられます。ところが、ガルーラのような高火力アタッカーが活躍する環境に於いて、クレセリアのようなトリックルーム使いはトリックルームを張ったあとに置物となる可能性、また単純に読まれやすいという問題がありました。そこでトリックルーム後も自身が積極的に攻撃参加出来、かつ読まれにくいポケモンとしてトリックルームメガサーナイトという結論に至りました。

構築全体としては先発サーナイト+ランドロス、後発モロバレル+ヒードランという試合が約7割を占めます。威嚇でサーナイトの耐久をサポートした後に、ランドロスを引きながらモロバレルを投げサーナイトでトリックルーム。あとはキノコの胞子+ハイパーボイスで相手をなぎ倒していきます。選出がほぼ固定で迷いにくく使いやすいというのも、この特徴の1つだと思います。だいたい全試合中7~8割はトリックルームを張って戦います。

マリルリ@突撃チョッキ
特性:力持ち
性格:意地っ張り
技:アクアジェット/滝登り/じゃれつく/はたき落とす

補完として入ってきたポケモン。基本選出の4体じゃ辛い雨やギルガルドに対して強い駒として採用。素早さを最遅ギルガルド-1に設定し、ギルガルドをブレード状態にした後にはたき落とすを入れることでOHKOを狙ったが、身代わりギルガルドが多くかなり苦戦した。

モロバレル@ゴツゴツメット
特性:再生力
性格:呑気
技:めざめるパワー(地面)/キノコの胞子/怒りの粉/守る

普通?の最遅バレル。トリックルーム下で草技を打つ機会がなかったので、打点の薄いヒードランを殴れるようめざめるパワー地面を採用。トリックルームに合わせて身代わりを張ってくるヒードランがどうしようもなかったので、トリル下でめざ地で身代わり破壊後にドランの大地で相手のヒードランを倒す動きを作れるようにしました。ゴツゴツメットは主にガルーラとキリキザンが対象です。ガルーラはゴツメダメ2回+捨て身反動+サーナイトのハイパーボイスで倒せます。

化身ボルトロス@オボンの実
特性:悪戯心
性格:図太い
技:10万ボルト/めざめるパワー(氷)/電磁波/挑発

一番選出しないポケモンです。昨日も15試合で一度も選出しませんでした。採用理由はキノガッサやドーブル、ラッキー対策。主に催眠系や害悪を見るための枠なのですが、他のポケモンでも良いかもしれません。他5体ではまだギルガルドへの対策がやや薄いので、この枠はまだ改良の余地があると思います。

霊獣ランドロス@拘りスカーフ
特性:威嚇
性格:意地っ張り
技:地震/岩雪崩/馬鹿力/蜻蛉返り

特に何でもない普通のASスカーフです。相手の動きを見てから理想の並びを作るためにとんぼ返りを採用しました。基本的には威嚇を撒くために先発で出します、その後一旦引いてトリックルームが切れる頃に再び出てきて相手の残りを一掃します。

サーナイト@サーナイトナイト
特性:トレース→フェアリースキン
性格:控えめ
技:ハイパーボイス/サイコキネシス/トリックルーム/守る

この構築におけるトリックルームの始動要員であり、エースアタッカー。ランドロスの威嚇で耐久を底上げした後に、トリックルームやモロバレルとの並びで相手をなぎ倒していきます。外さない全体技を持つ高火力アタッカーとして非常に優秀でした。

ヒードラン@防塵ゴーグル
特性:貰い火
性格:冷静
技:熱風/大地の力/原子の力/守る

トリックルーム下での相手のモロバレルが重くなるため、持ち物は防塵ゴーグル。DEXオフで使用したときからの変更点として、原始の力を採用。サーナイトとモロバレルでは相手のリザードンやファイアローに対して有効打がないため、ヒードランに岩技を採用し対策することにしました。原始の力を使う場面はかなり多く良い変更でした。



昨日のヴィクトリアリーグでは合計12勝3敗でしたが、負けた試合はプレイングミスで落とした試合が1つと、ギルガルド入りが2つでした。ギルガルド単体ならまだ何とかなるのですが、そこにヒードランやエンテイが入ってくるとかなりキツイです。優勝したしあさんもシュバルゴがPTに入っており、この構築ではシュバルゴにはまず勝てないと思うので、その点も含めて改良の必要があると思います。

スポンサーサイト
13 : 13 : 57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

Scar

Author:Scar
ポケモン関係がメイン。PT/単体の考察とか紹介とか、その他諸々。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (52)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。