スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

【環境考察】VGC2016で活躍するポケモンについて考える【伝説枠編】

VGC2016のレギュレーションが発表されましたね。伝説戦ということですが、伝説枠に関しては、現状、ゼルネアス、グラードン、カイオーガ、レックウザが4強かと思われます。そこで普段から伝説中オフなどで、伝説戦をやってる経験等をもとにこの4体について軽く考察してみました。構築を組む際の参考になれば幸いです。

ゼルネアスゼルネアス
固有特性フェアリーオーラ+固有技ジオコントロールにより超火力のフェアリー技を放つ。現状、ジオコン型があまりに強すぎるために挑発や叩き落とすなどの対策が飛んできやすいため、それを逆手に取った眼鏡型なども非常に強力。これから様々な型が生まれるかもしれない。
【長所】
・ジオコントロールが強力、一度積めばまず止まらない
・素早さが高く先に動ける場面が多い
【短所】
・物理耐久にやや難あり、先制技がつらい
・受けだしがしづらい、先発や死に出しでの選出に制限されやすい
・技のレパートリーが少なく、特に鋼タイプに対して打点を持てないことが多く苦戦を強いられる
【想定される型と技の候補】
・ハーブジオコン型
  確定技:ムーンフォース、マジカルシャイン、ジオコントロール、守る
・眼鏡型
  確定技:ムーンフォース、マジカルシャイン、草結び
  選択技:10万ボルト、気合球、めざめるパワー水、めざめるパワー炎
【技考察】
フェアリーオーラの恩恵を受けるムーンフォースとマジカルシャインは型によらずほぼ確定。ジオコン型であれば、現状上記の構成で確定だろう。ジオコンを積むことによって、ゲンシグラードンであってもムーンフォース2発で倒すことができる。眼鏡型であれば、カイオーガやグラードンに有効な草結びの優先度は高い。レックウザやカイオーガと組ませるのであれば、グラードン対策としての不意のめざめるパワー水なども選択肢に上がるが、優先度は高くないか。同じめざめるパワーであれば苦手なナットレイなどに有効な炎も十分候補になり得る。
【立ち回り考察】
物理耐久にやや不安があるので、威嚇や怒りの粉などのサポートがあると動かしやすい。受けだしがしづらいので、基本的には先発で使うことが多いか。トリックルームとの相性はあまり良くないので、スタンダードな構築に入ることが多い。ジオコン対策に挑発やはたき落とすの他、拘りトリックなどがとんできやすいため、相手のポケモンを見て柔軟な立ち回りも求められる。
【一緒に使うと相性の良い一般ポケモン】
・メガガルーラ
猫騙し+ジオコントロールのコンボが強力。ギルガルドで止まってしまうのには注意したい。
・ファイアロー
苦手な鋼に対して、炎技で打点を持てる。またミラーマッチでも有利になれる。

ゲングラグラードン
天候を強い日照りに書き換えることで、本来4倍弱点である水技を無効化させるゲンシカイキがあまりに強力なため、紅色の珠一択。それにより事実上弱点は地面タイプのみとなる。
【長所】
・相手のカイオーガに対して投げることができる
・物理型、特殊型の両方が候補にあり型を読みづらい
・フェアリー抵抗のおかげでゼルネアスに対しても強い
【短所】
・攻撃面で命中と火力の取捨択一を迫られる場面が多い
・天候を取られてしまうと、4倍弱点によってあっさり倒されてしまう
【想定される型と技の候補】
・ゲンシカイキ物理型
  確定技:断崖の剣、守る
  選択技:地震、岩雪崩、ドラゴンクロー、大地の力、オーバーヒート、剣の舞
・ゲンシカイキ特殊型
  確定技:大地の力、守る
  選択技:噴火、火炎放射、オーバーヒート、竜の波動、ストーンエッジ
【技考察】
断崖の剣は非常に強力な技である一方で、命中不安という課題が残る。大地の力は火力面では、断崖の剣に劣るが、命中安定であることに加え、ミラーマッチにおいて非常に有効である点で評価したい。物理耐久が非常に高く、レックウザの攻撃を受けられることを考えると、ドラゴン技は欲しいところ。炎技は、モロバレルやギルガルドに対する役割遂行技として採用される可能性が高いか。
【立ち回り考察】
素早さが中途半端かつ、弱点がハッキリしているため、電磁波や追い風、トリックルームと組み合わせて使うと強力である。地面技は強い雨でも止まらないため、簡単に技を受けることが困難で、非常に強力。物理型の場合、命中難や浮いてる相手には地面技が当たらないことから、重力と組み合わせるのも強力。
【一緒に使うと相性の良い一般ポケモン】
・クレセリア
電磁波やトリックルームによる素早さ面のサポート、スキルスワップによる天候の書き換え、手助けによる火力強化、浮いているため地震も採用しやすい
・モロバレル
怒りの粉やキノコの胞子によるサポート
・トゲキッス
追い風や電磁波による素早さ面のサポート、この指止まれによりミラーマッチに強くなれる

ゲンカイカイオーガ
高い特殊攻撃から放たれる潮吹きや根源の波動といった一致水技が非常に強力。雨潮吹きを通すこと自体が勝ち筋に大きく繋がる。持ち物はゲンシグラードンの強い日照りを書き換えるために、藍色の珠が第一候補ではあるが、レックウザと組むことを前提にするのであれば拘りスカーフも候補になりうる。
【長所】
・高い特殊攻撃から放たれる水技が非常に強力
【短所】
・グラードンに対して裏から投げることができない
・その他の伝説ポケモンと比べると物理耐久が低い
・根源の波動やハイドロポンプなど命中に難のある技が多い
【想定される型と技の候補】
・ゲンシカイキ特殊型
  確定技:潮吹き、冷凍ビーム、守る
  選択技:根源の波動、ハイドロポンプ、雷
・拘りスカーフ
  確定技:潮吹き、冷凍ビーム、
  選択技:根源の波動、ハイドロポンプ、雷、絶対零度
【技考察】
HPが削れていないという条件付きではあるが、必中ながら高火力を実現できる潮吹きは最も優先度が高いか。続いてレックウザへの打点となる冷凍ビーム。HPが削れている場合のメインウェポンとして、第二の水技を入れたい。根源の波動にしてしまうと、ワイドガードで詰む可能性が高い。その点ハイドロポンプは有効であるが、外したときのリスクも高い。雷も欲しいところではあるが、優先度は低いか。スカーフ型であれば、天候に関係なく強引に相手ポケモンを一撃で倒せる絶対零度も候補に上がるだろう。
【立ち回り考察】
潮吹きを通すことを再優先に考えたい。グラードン同様中途半端な素早さのポケモンであるため、電磁波やトリックルームなどによる素早さ操作には力を入れたい。またグラードンと違い、強い晴れ下では何も出来ないことが殆どなので、スキルスワップやなりきりなど天候を取り返せる技をPTに1つは最低でも仕込んでおきたい。メインウェポンの潮吹きは、自身のHPに依存するので怒りの粉やこの指とまれによるサポートがあると使いやすい。HP満タンから放たれる雨潮吹きはまず受からない。場さえ整えば、禁止伝説の中でも最強格。
【一緒に使うと相性の良い一般ポケモン】
・クレセリア
電磁波やトリックルームによる素早さ面のサポート、スキルスワップによる天候の書き換え、手助けによる火力強化
・モロバレル
電気技や物理技を怒りの粉で吸う。強い雨下であれば炎無効と相性も良い。
・メガガルーラ
猫騙しによるサポート、苦手なゼルネアスを大きく削ることができる。
・メガボーマンダ
威嚇で物理耐久の底上げ、苦手なレックウザに強い。水技を受けにくるモロバレルに対しても強い。

メガレックレックウザ
高い攻撃力と高い素早さが特徴。また特性により天候を強い日照り、雨の天候を無効化できるだけでなく、自身の弱点をも減らすことができる。専用技の画竜点睛は通りが良く非常に強力、鉢巻を持ったり、神速と組み合わせることで大抵のポケモンを強引に倒すことができる。メガ進化前では95と中途半端な素早さであるため、メガ進化は必須だが、相手に応じてメガ進化しない立ち回りも取ることも出来る。
【長所】
・メガストーンなしにメガ進化できるため、持ち物含め型が豊富
・ガリョウテンセイの通りが非常に良い
【短所】
・1匹で伝説枠・メガ枠を占有するため、PT全体のパワーを落としてしまう可能性がある
・4倍弱点持ちのため乱気流を維持できないと、氷技であっさり倒される
【想定される型と技の候補】
・気合の襷・命の珠型
  確定技:ガリョウテンセイ、神速、守る
  選択技:流星群、オーバーヒート、滝登り、龍の舞
・拘り鉢巻型
  確定技:ガリョウテンセイ、神速
  選択技:地震、滝登り、流星群、ドラゴンクロー、アイアンヘッド
【技考察】
ガリョウテンセイと神速は型によらずほぼ確定。その他には、鋼に対して打点がないためオーバーヒートなど。またグラカイの天候を無効化できる特性を活かして、グラードンを倒すことの出来る滝登りも候補になる。基本的にはガリョウテンセイが強すぎるため、他の技を打つ機会は少なそう。従って3つ目、4つ目の技はPTによって大きく変わってくるかと思われる。
【立ち回り考察】
高火力のガリョウテンセイと神速で相手を強引に縛っていく動きが強い。耐久はメガガルーラとほぼ同等だが、ガリョウテンセイで耐久を下げてしまうため、耐久があるとは言いがたい。また、メガマンダやジオコンを積んだゼルネアスの前では何もできない。デルタストリームは上書きされる可能性があるが、エアロックであれば無効化されないため敢えてメガ進化せずに滝登りなどでゲンシグラードンに対してダメージを与える動きも頭に入れておきたい。基本的にはPTが苦手とするポケモンに対して1:1交換を持ち込むような動きの方が、持ち味を出しやすい。
【一緒に使うと相性の良い一般ポケモン】
・ギルガルド
苦手とするボーマンダ、ゼルネアスに対して強い。ワイドガードなどによる補助もできる
・クチート
苦手とするボーマンダ、ゼルネアスに対して強い。
・ボルトロス
乱気流下であれば実質弱点がない。苦手なジオコンゼルネアスに対しては挑発で、ボーマンダを電磁波・めざ氷で対策できる。


以上、伝説枠4強についての考察でした。気が向いたら一般枠もやると思います。
おわり。
スポンサーサイト
19 : 48 : 19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

Scar

Author:Scar
ポケモン関係がメイン。PT/単体の考察とか紹介とか、その他諸々。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (26)
オフレポ (12)
公式大会 (3)
ニコ生 (2)
PT紹介 (8)
段位戦 (0)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。