【オフレポ】第15回伝説厨オフ【BWGS】

第15回伝説厨オフに参加してきました。

使用構築は【レパルオーガスイッチ】です。(クリックでPT詳細ページが開きます)
510.gif382.gif484.gif
483.gif645-therian.gif    560.gif

構築の方は既に簡単ながら公開してるので、そちらを参照してください。

ということで対戦レポ予選編いきます。
**************************************************************************
1戦目 VSみことさん ◯1-0

Scar:レパルダス、パルキア、ディアルガ、ズルズキン、(カイオーガ、霊獣ランドロス)
みこと:クレセリア、コジョンド、グラードン、ディアルガ、(カイオーガ、ルンパッパ)

初手は猫騙しの打ち合いかスタート。2ターン目にアンコールが相手のコジョンドに刺さり、その隙を見てパルキアは身代わり。クレセにトリルを張られるも、レパルダスの裏から投げたズキン、ディアルガ、身代わりを残したパルキアで殴って勝ち。初戦の勝利は大きい。
**************************************************************************
2戦目 VSへきさん ◯3-0

Scar:レパルダス、パルキア、ズルズキン、ディアルガ、(カイオーガ、霊獣ランドロス)
へき:レパルダス、ラティオス、パルキア、ディアルガ、(カイオーガ、霊獣ランドロス)

5体かぶりのレパルミラーマッチ。試合前のへきさん「俺まだScarさんに負けたことないんだよね」→しっかり読み勝って勝ち。これで予選2連勝。前回の伝説厨に続き幸先良いスタート。
**************************************************************************
3戦目 VS某マンダさん ◯4-0

Scar:レパルダス、パルキア、カイオーガ、霊獣ランドロス、(ディアルガ、ズルズキン)
某マンダ:ヤミラミ、フワライド、ギラティナ、グラードン、(ホウオウ、ズルズキン)

GS版ヤミライド。試合前の某マンダ「俺まだScarさんに負けたことないんだよね」→回避率6段階上がったグラードンに潮吹き1撃で当てたら切断されました。3連勝。
**************************************************************************
4戦目 VSリセさん ◯3-0

Scar:レパルダス、パルキア、ディアルガ、ズルズキン、(カイオーガ、霊獣ランドロス)
リセ:レックウザ、クレセリア、グラードン、トゲキッス、(ディアルガ、メタグロス)

初の対レックウザ。とりあえず色々処理して最後にオーガで一掃しようということで、相手のレックウザを処理した後、トリル読みトリルを華麗に決めたりしつつ、最後は死に出しのカイオーガで一掃して勝ち。4連勝。なんか知らんけど、滅茶苦茶調子いい。
**************************************************************************
5戦目 VSわっちさん ◯2-0

Scar:レパルダス、パルキア、カイオーガ、ズルズキン、(ディアルガ、霊獣ランドロス)
わっち:ミュウツー、ローブシン、ルンパッパ、ホウオウ、(レパルダス、ディアルガ)

レパルミラー2戦目。しかし、レパルダスは出てこず。様子見で猫騙し+身代わりからスタートすると相手のローブシンがジュエルを消費してくれる。雨下のルンパッパには警戒しつつ、ズキンで威嚇を入れながら立ち回ってたら途中でズキンがアムハンを避けて最後はやっぱりオーガで一掃して勝ち。5連勝。強い。
**************************************************************************
6戦目 VS柚樹さん ◯3-0

Scar:レパルダス、パルキア、カイオーガ、ズルズキン、(ディアルガ、霊獣ランドロス)
柚樹:ルギア、ランドロス、ディアルガ、バンギラス、(カイオーガ、ルンパッパ)

雨PTで有名な柚樹さん。オフでの対戦は初めてでした。俺「柚樹さんはラスボスだから」(後に本当にラスボスになることとなる・・・)初手で蜻蛉からの砂ダメでいきなりレパルが落とされるも、その隙にパルキアが身代わりを残すことに成功。そこからは、死に出しのカイオーガで潮吹き一掃作戦に。しかし1度目の潮吹きを打った後に、ルギアの電磁波を貰ってしまいその後2ターン続けてカイオーガは動けず。その隙に瞑想を詰まれて絶体絶命のピンチ。ところがそこからズキンがエアロブラストを避け、更にパルキアの雷がルギアの急所に当たり後はそのまま押し切って勝利。開幕6連勝。この時点で予選抜けが確定。
**************************************************************************
7戦目 VS眠さん ◯1-0

Scar:レパルダス、カイオーガ、パルキア、霊獣ランドロス、(ディアルガ、ズルズキン)
眠:ギラティナ、ラティオス、コジョンド、カイオーガ、(メタグロス、パルキア)

初手でドラゴン2体出てくるも、無視して潮吹きぶっぱ。2ターン目も嘘泣きを絡めて更に潮吹きぶっぱ。HPは削れていたがオーガを残す必要を感じなかったので、コジョンドの襷を潰す目的でやはり潮吹きぶっぱ。レパル、オーガを落とされた後、死に出しのランド、パルキアで無双して勝ち。ここまで予選7戦全勝。1位抜けが確定。さすがに本人もびっくりの強さ。
**************************************************************************
8戦目 VSあくえりあさん ●0-2

Scar:レパルダス、パルキア、ディアルガ、ズルズキン、(カイオーガ、霊獣ランドロス)
あくえりあ:コジョンド、ミュウツー、カイオーガ、トゲキッス、(ディアルガ、ユキノオー)

PT相性がキツかった。コジョンドの挑発を上手く入れられてレパルダス、パルキアが仕事できずに押し切られて撒け。予選最終戦を落としてしまうも、結局7勝1敗で終えて1位抜け。
**************************************************************************

他グループだったミーサさんが3位だったので、予選は各グループ3人抜けの計12人が決勝トーナメントへ。

うちのグループからはScar(7-1)、柚樹(6-2)、某マンダ(4-4)が決勝進出。

1位の4人がシードとなるため、この時点でBest8が確定。

というわけで対戦レポ決勝トーナメント編いきます!
**************************************************************************
決勝T1回戦 VSポケさん ◯3-0

Scar:レパルダス、パルキア、カイオーガ、ズルズキン、(ディアルガ、霊獣ランドロス)
ポケ:ワタッコ、ディアルガ、グラードン、メタグロス、(ミュウツー、クレセリア)

バトルビデオ:92-08552-33404(番号をクリックするとpokecheckの再生ページにとびます)

遠征勢のポケさんとの対戦。キチガイ霊獣ランドロスが発動して今大会で一番面白い試合でした。とにかく自由にさせると厄介になりそうなワタッコの処理と相手に天候を取らせないことを意識して立ち回りました。先発でカイオーガは出せないので、先発は安定のレパルキア、裏にランドとカイオーガ。初手はディアルガに猫騙しを打ってもレパルダスよりもワタッコの方が早いため怒りの粉で吸われる可能性がある点、ワタッコにディアルガ方向への猫騙し読みの追い風やアンコールを打たれるとかなり厳しくなってしまうので、ワタッコ方向に猫騙しを打ちながら、パルキアは様子見の身代わり。相手はディアルガがトリックルーム。トリックルームを張られてしまうも、パルキアの身代わりを残すことが出来たのは非常に大きい。
次のターンはワタッコが怒りの粉。この可能性は考えていたので、レパルダスはアンコールではなく嘘泣きを選択していました。まず相手のディアルガが動き、竜の波動がレパルダスへ。その後、嘘泣き亜空切断がワタッコ方向に入り、相手のワタッコを落とすことに成功。死に出しで出てきたのはグラードン。ここでレパルをランドロスに交換。残り2体になってからオーガを非トリル下でオーガを出せば、あとは一掃できると思ったので威嚇が入る点も評価してランドを出しました。ここからはランドロスの時間。岩雪崩の選択はない。この場面での地割れの選択もないと思ったので、迷わず逆鱗を選択。ここからランドロスが3ターン逆鱗ぶっぱして暴れます。その間にパルキアが落とされ、相手のディアルガも落としました。
そして3ターン後。トリックルームも切れて相手の残るポケモンはメタグロスとグラードン。こちらはランドロスとレパルダスが並んでいて、裏にはまだ見せてないカイオーガ。この時点で相手はトリックルームも張ることができないので、死に出しの潮吹きによりほぼ勝ちが確定。しかし稀代のエンターテイナーキチガイ霊獣ランドロスの時間はまだまだ続きます。
ランドロスは逆鱗を打った後で混乱状態。この状態で岩なだれの選択も逆鱗の選択もないと判断したので、メタグロス方向に地割れを選択。そして・・・
・・・
・・・
ランドロスはこんらんしている ランドロスのじわれ!

     一 撃 必 殺

            ____
.           / ノ '' ⌒\
          / ( ● ) (● )\
        / :::::⌒,   ゝ⌒:::::\ 
        |      `ー=-'     |
         \  ⊂、ヽ、_∩   /
.     , -‐  ´  \  '、   ヽ  ! ` ー-、
    /  __    ヽ   ー、  \ |   ∧
.    〃 ,. --ミヽ    ヽ   \  ヽ |/ハ
   ji/    ̄` `    ヽ
.   {{      '

正直、これをやれた時点で今日はもう満足でした(笑。その後グラードンにも地割れを打つも、これは混乱して動けず。最後はレパルのアンコでグラードンをハメて勝ち。決勝トーナメント1回戦を突破し2大会連続のBest4が決定。
**************************************************************************
準決勝 VSぴくるすさん ◯3-0

Scar:レパルダス、カイオーガ、パルキア、ズルズキン、(ディアルガ、霊獣ランドロス)
ぴくるす:ラティオス、ランドロス、ルギア、カイオーガ、(ディアルガ、バンギラス)

この日全勝中のぴくるすさんとの対戦。相手のPTを見た感じ、とにかくスカーフオーガが止まらないように見えたので初手はレパルオーガの選出にしました。相手の初手はラティオス、ランドロス。ランドロスの持ち物は襷で間違いないと思ったので、ラティオスの持ち物を考えたところPT構成的にスカーフの可能性があったので、ラティオス方向に嘘泣きを入れながら潮吹きで一掃する択もあったのですが、スカーフだった場合のリスクが大きいのでラティオス方向に猫騙しを打ちながら、カイオーガは潮吹き。ラティオスはスカーフではなかったようで、ラティオスのHPが残り約4割、ランドロスが襷発動。ラティオスは怯んで動けず、返しのランドロスの地震でカイオーガが残りHP6割ほどまで削られる。レパルも残り3割ぐらい。次のターンはカイオーガ方向に嘘泣きを入れながらオーガは再び潮吹き。相手はランド守るを選択するも、ラティオスを落とすことに成功。
ラティオスの死に出しで出てきたのはカイオーガ。こちらはラティオスさえ落としてしまえば、あとはパルキアで対応できそうだったので、レパルダスで相手のカイオーガに電磁波を入れながらカイオーガが潮吹き。相手はランドロスをルギアに交代し、オーガが潮吹き(だったと思う)。とりあえずあとはパルキアの雷とズキンの噛み砕くを上手くオーガ、ルギアに集中させて勝ち。これで決勝進出。
**************************************************************************
決勝 VS柚樹さん ◯1-0

Scar:レパルダス、パルキア、カイオーガ、ズルズキン、(ディアルガ、霊獣ランドロス)
柚樹:ディアルガ、ルギア、ランドロス、バンギラス、(カイオーガ、ルンパッパ)

バトルビデオ:80-72623-34681(番号をクリックするとpokecheckの再生ページにとびます)

決勝戦は予選でも戦った柚樹さんと再戦。やはり柚樹さんはラスボスでした。
1ターン目。柚樹さんの先発はディアルガとルギア。こちらの先発はレパルダスとパルキア。ルギアがパルキアに電磁波を入れてくるだろうことは想像がついたので、本来ならばパルキアは身代わりで良かったのですが、予選で身代わりを見せてるためパルキア集中と予想。従ってパルキアは守りながらレパルダスは電磁波をルギア方向へ。相手は予想通り電磁波と竜の波動をパルキアへ集中。電磁波がルギアに入るも、ラムで回復される。
2ターン目。此方としては何としてでもルギアへの電磁波を入れたいところ。パルキアと後続のカイオーガに電磁波が入るのがキツすぎるので、パルキアをズルズキンに交代しながら、レパルダスは再びルギアに電磁波。この電磁波がルギアに入るも、柚樹さんはエアロブラストと竜の波動をレパルダス方向へ集中しておりレパルダスが落ちてしまう。レパルダス集中は正直予想してなかったので、さすが柚樹さんと思わず感服。
3ターン目。こちらは死に出しで再びパルキア。ここはパルキア身代わり、ズルズキンがディアルガ方向へけたぐりの安定行動を選択。柚樹さんはズルズキン方向へ電磁波を打ちながら、ディアルガをランドロスへ交代。ランドロスにけたぐりが入り約2割のダメージ。パルキアに身代わりがあることは柚木さんも分かっていたことなので、それを知った上での柚樹さんも安定択だったと思います。けたぐりはランドロスに受けられたものの、ランドロスの襷を削ることには成功したのでこれはこれで問題なかったと思います。この時点でズキンの死に出しからのカイオーガで一掃する方針に。
4ターン目。パルキアは出来るだけ身代わりを残した状態で死に出しのオーガと並べたかったので、パルキアは守るを選択。ズルズキンは拘っているのでそのままけたぐりをランド方向へ。相手はランドロスが地震、ルギアがエアロブラストをズキン方向へ。ズキンがこのエアロブラストで急所を貰い落ちてしまうも、これでオーガが死に出しできるので問題ないと判断。
5ターン目。最後のポケモンカイオーガを死に出し。残り2-4と数的には不利となるも、ランドロスの襷は削っているので両縛りの状態。相手のラス1はおそらくバンギだと思ったので、交代で受けきることも出来ないはず。ここは素直にカイオーガが潮吹き、パルキアは雷をルギア方向へ。相手は守ってこなかったので一掃に成功。これでお互いに残りポケモンは2匹ずつ。
6ターン目。相手の最後のポケモンはやはりバンギラス。順番は違うも予選と同じ選出でした。カイオーガは拘っているので潮吹きを選択。パルキアが亜空切断をディアルガに打つか、バンギラスに打つかの択でした。安定択はディアルガ方向でしたが、2ターン目で鋭い読みを見せられていることもあり、何となくディアルガが守ってくる予感がしてパルキアはバンギラス方向へ亜空切断を選択。しかしこれが最大のプレミでした。柚樹は当然のごとくバンギラスが守って、竜の波動をカイオーガ方向へ。カイオーガの潮吹きも先にディアルガに刺さり、カイオーガ、ディアルガのHPは双方とも残り約6割。有利状況から、このターンのミスにより一気に厳しくなる。
7ターン目。バンギラスの2連守るは無いと思ったので素直にバンギラス方向へ亜空切断、カイオーガは潮吹き。柚樹さんはディアルガがパルキア方向へ竜の波動とバンギラスが岩雪崩を選択。これでパルキアの身代わりが破壊され、双方に岩雪崩のダメージが入りパルキアが残り8割、カイオーガが残り約2割まで削られてしまう。相手のバンギのHPは残り3割程。
8ターン目。ディアルガは持ち物が食べ残しであり守ってくることが読めたので、再びバンギラスを集中。すると柚樹さんは両守りを選択。砂ダメがカイオーガに蓄積し痛い展開。身代わりの存在をも考えると、このターンは両守りの可能性は切ってたので、ディアルガが守った瞬間に正直ガッツポーズしてしまったんですが、ちょっと早かったですね(笑。
9ターン目。絶望的状況。カイオーガが砂ダメ圏内に入っているため相手からすればパルキア集中がド安定。とりあえず勝ち筋を考えたところ、ディアルガに亜空切断を打って急所を引く以外ないという結論が出ました。まずカイオーガが動き潮吹きで僅かながらダメージを与える。そしてパルキアの番。
俺「急所ー!!急所!急所!急所!急所!」
とりあえず亜空切断を外すという最悪の事態は回避。そして・・・
・・・
・・・
パルキアのあくうせつだん!ディアルガのきゅうしょにあたった!
                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"

この急所でディアルガを落とし、その後亜空切断でしっかりバンギラスを落として勝利。そして優勝。
**************************************************************************

実はこの日の大会前、亜空切断を竜の波動を変更しようと思ってたのですが、結局面倒臭かったのと忘れてたので亜空切断のまま臨んだのですが、亜空切断のままで良かったです、ホントに。

亜空切断最高!亜空切断最強!竜の波動なんてありえない!ということで次回からもパルキアは亜空切断で使います(外して負ける未来しか見えない)。

優勝賞品として東北ジラーチと臆病ミュウツーのデータが入ったホワイトROMを頂きました。ありがとうございます。

これで最近参加したオフは5連続での予選抜け、しかもそのうち3回優勝(残り2回は4位とBest16)とオフ絶好調です。

DEXと某御曹司で優勝してましたが、どちらもチーム戦だったので、個人での優勝は初めてでした。勿論チームでの優勝も嬉しいですが、個人での優勝はやり切った感があって凄くいいですね。

よくよく考えてみれば4位だった前回大会で使用したPTを改良してのこの結果だったので、そういう点でも非常に満足しています。前回はレパルダスに電磁波を入れてなかったのですが、今回は電磁波を入れてそれが凄い刺さってくれたので本当に良かった。

まぁそんなわけで無事優勝を成し遂げることが出来た第15回伝説厨オフでした。

参加した皆さんお疲れ様でした。次回は9/21にへきさんやナコ君達と遠征して長野のオフに参加予定です。
スポンサーサイト
18 : 06 : 46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【PT紹介】キッスガルーラスタン【XY全国ダブル】 | ホーム | 【PT紹介】レパルオーガスイッチ【BWGS】>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://clysis.blog35.fc2.com/tb.php/22-64d36c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

Scar

Author:Scar
ポケモン関係がメイン。PT/単体の考察とか紹介とか、その他諸々。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (52)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード