スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ポケモンXY 色違い判定及び色違い孵化方法(人海戦術)まとめ

※追記※
必要環境
OS:Windows Vista以降(XPはダメ)
ハードウェア:無線アダプタ(最近のノートPCであれば基本的に内蔵しているので問題ないが、デスクトップ型の場合無線機能がないとInstacheckが起動しない)
ソフトウェア:Microsoft.NET 3.5以降(Windows7以降のPCならまず入ってるから大丈夫)


第6世代(XY)では色違いとなる条件が大きく変更されている。

トレーナーIDによって決定されるトレーナー毎に固有の値TranerShinyValue(以下,TSV)及び各ポケモン毎の固有の値ShinyValue(以下,SV)がある。TSV及びSVはそれぞれ0~4095までの4096通りの値を持ちます。

その親のTSVとSVが一致した場合に色違いポケモンが発生する。これは孵化においても、野生においても同じ。

つまり、予めそのポケモン(タマゴ)のSVを調べておいて、そのSVと一致するTSVの人にタマゴを預けて孵化してもらうことで色違いの孵化が可能になる。

以下、SV及びTSVを調べる方法について説明。

こちらのページからWinPcapとInstacheck Hotpotを入手してきてください。

WinPCapはInstacheck Hotspotを動作させるのに必要になります。

<補足画像>
instac.jpg←クリックすると大きくなります!

WinPCapをインストールし、Instacheck Hotspotを解凍したらInstacheckHotspot.exeを起動しましょう。

次の画面が出てくるはずです。

スタート画面

要はこのソフトは何をやっているかと言うと、Virtual Routerというソフトで仮想の無線アクセスポイントを作り3DSをそこからインターネット接続することで、その時に送受信される情報を読み取ってるってわけです。

設定についてはNetwork NameとPasswordは特に弄る必要はないと思います。

Shared Connectionは今このInstacheckを起動しているPCがインターネットに接続しているアダプタを選択しましょう。通常の有線接続の場合ローカルエリア接続か、無線の場合はワイヤレスネットワーク接続だと思います。

以上の設定が終わったら、Start Hotspotを選択。これで仮想のアクセスポイントが生成されます。

続いて3DS側のインターネット接続設定。

3DSの本体設定→インターネット設定→インターネット接続設定→接続先の登録(既に接続先が3つ埋まってる場合は1つ削除してください)→接続先の登録→自分で設定する→アクセスポイントを検索

そうすると先ほど生成したアクセスポイントが表示されていると思います。特に弄ってなければこんな感じ。

IMG_0852.jpg

Virtualrouterplus.comを選択しましょう。その後、パスワードが求められるので先ほど設定したパスワード(特に弄って無ければ「12345678」)を入力して接続のテストまで済ませて下さい。

これで3DS側の設定は終了。

以上の設定が終わったらInstacheckのStartInstacheckを押して下さい。

次の画面が開くと思います。

スキャン画面

一番下のStart Scanningの上にあるボックスから先ほどVirtual Routerの設定をした時と同じものを選んで下さい。

その後Start Scanningを押してスキャンを始めましょう。スキャンしたい間はずっとスキャンしっぱなしで大丈夫です。

ここまで終われば設定は一通り設定は終了になります。

後は簡単な使い方とスキャンした画面の見方を。

ポケモンXYを通常通り起動してインターネット接続しましょう。3DSのインターネット接続は登録されている接続先が複数ある場合、一番電波の良いアクセスポイントを自動的に選択するので、Virtual Router以外の接続先がある場合そちらを選択してしまいます。その場合は、一度3DSのインターネット接続画面に戻り必要のない接続先の情報を消しましょう。

あとはネットワークを介して交換するだけ。3DSを一台しか持ってない場合はGTSで預けてみましょう。

3DSを複数台持ってる場合はオンラインで交換してみてください。以下はその例です。

下は交換中の3DSの画面です。相手に見せている段階で既にポケモンの情報はネットワークを介しているので、実際に交換まで行う必要はありません。「相手に見せる」までで大丈夫です。

IMG_0853.jpg

この時の情報をスキャンした画面がこんな感じ。

交換←クリックすると大きくなります。

自分の出してるポケモン(タマゴ)の情報と、相手の出してるポケモンの情報が表示されてると思います。

自分が親であるポケモンのTraner Shiny Valueを見ればTSVが分かりますし、そのポケモンのSVが見たい場合はPokemon Shiny Valueのところに記載されています。右のポケモンはタマゴなのでまだ親が決まってないためTSVは表示されていませんが、SVはタマゴの段階で既に決まっているためSVは表示されています。

あとはこの手法を用いてSV及びTSVを調べて、そのポケモンのSVと一致するTSVのROMを持つ友達に預けて孵化すれば色違いが生まれることになります。

TSVとSVが一致する確立は1/4096なので、かなり確立は低いですがグループ等でTSVをデータベース化しておくことで例えば100ROM分データベース化できれば100/4096≒2.5%でそれなりの確立にはなってきます(それでもまだ低いですが。

ざっとまとめるとこんな感じですね。国際孵化などについてはまだハッキリ分かっていないので、もし分かれば追記したいと思います。


スポンサーサイト
19 : 28 : 36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<【オフレポ】第11回てんのめぐみオフ【XY全国ダブル】 | ホーム | 【PT紹介】キッスガルーラスタン【XY全国ダブル】>>
コメント
コメントでの質問失礼します。
InstacheckHotspotの使い方を調べていたところここのブログにたどり着きました。
ここのブログの説明に沿って導入を試みたところ仮想アクセスポイントを作成するところで「要求した操作を実行するのに適切な状態ではありません。」とエラーがでてしまいアクセスポイントを作成できない状態で止まっています。
PCはノートパソコンでOSはWin7の32bitを使用しております。
自分でも調べてみたのですが原因がわからなかったためここで質問させていただきました。
何かわかることがありましたら教えてしていただけれれば幸いです。
コメント、失礼しました。
by: MHK7 * 2013/11/21 03:14 * URL [ 編集] | page top↑
上記の方法で試したんですが、うまくいきません。
アクセスポイントまでは見つかったんですが、接続することが出来ませんでした。最初は電波は3でしたが、急に0になり接続できないと言われました。
何か原因があるのでしょうか?
by: ななし * 2013/12/13 07:27 * URL [ 編集] | page top↑
「一番下のStart Scanningの上にあるボックスから先ほどVirtual Routerの設定をした時と同じものを選んで下さい。」
の所でそのボックス内になにも表示されません。
いろいろいじってみたんですが、それでも何も出ませんでした。
どうすればいいのでしょう?
by: 名無し * 2014/04/08 12:47 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://clysis.blog35.fc2.com/tb.php/25-cbd421ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

Scar

Author:Scar
ポケモン関係がメイン。PT/単体の考察とか紹介とか、その他諸々。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (52)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。