【PT紹介】JapanCup2015&日本代表決定戦使用構築サルサナスイッチ【VGC2015】

タイトルの通りジャパンカップ2015と日本代表決定戦で使用した構築です。ジャパンカップでは29勝6敗で5位、日本代表決定戦では2勝1敗で予選落ちという成績でした。世界大会でも使用しようかと考えていましたが、ガルーラが少なく、メタグロスやボーマンダの多い環境はかなり向かい風であり、世界では使うべきでないと判断し公開しました。

infernape.gifazumarill.gifmega-gardevoir.giffc-landrus.gifamoonguss.gifheatran.gif

  
ポケモン持ち物特性技1技2技3技4
ゴウカザル気合の襷猛火猫騙しインファイトフレアドライブファストガード
マリルリオボンの実力持ちアクアジェット叩き落とす腹太鼓守る
サーナイトサーナイト
ナイト
トレース
→フェアリースキン
ハイパーボイスサイコキネシストリックルーム守る
ランドロス拘りスカーフ威嚇地震岩雪崩馬鹿力蜻蛉返り
モロバレルゴツゴツメット再生力めざパ地面キノコの胞子怒りの粉守る
ヒードラン防塵ゴーグル貰い火熱風大地の力原子の力守る


ベースにしたのはヴィクトリアリーグトウキョーでも使用したサナバレルスイッチでした。そもそもこの構築をそもそも選択したきっかけですが、トリックルーム構築が現環境では最も強いと考えたこと、しかしトリックルーム要員の筆頭候補でもあるクレセリアは読まれやすい他、トリックルーム後に置物になる可能性がある点が懸念事項でした。そこで色々な構築を見て回っていたところ、もうだめださんのメガサナスイッチ構築が目に止まりトリックルームメガサーナイトを使用した構築を組むきっかけとなりました。

ヴィクトリアリーグトウキョーではゴウカザルではなく化身ボルトロス@オボンの実、マリルリ@突撃チョッキという構成で使用していました。結果3位という成績を収めることができましたが、その日に一度も化身ボルトロスを選出しておらず、改善点であったことは明らかです。化身ボルトロスは対害悪他、トリックルーム展開が出来なさそうな場合に、電磁波軸で動くために採用していましたが、実際にはトリックルーム展開をできない試合はほぼ無く、中途半端にトリックルーム+電磁波という形を取るよりもトリックルームに寄せたほうが強いのではと考えました。ただし完全にトリル依存では、トリルできない試合も全くないわけではないので相手の上を取るという点で、先制技に着目。チョッキマリルリでは火力面で相手にかける圧力が不足するので、ボルトロスが持っていたオボンの実をマリルリに回し腹太鼓型としました。この時点で化身ボルトロスに変わるポケモンとして必要な要素が、相手のガルーラよりも早い猫騙し、対ファイアロー、鋼やガルーラへの打点でした。それを満たす唯一のポケモンがゴウカザルであり、全ての問題を解決してくれました。サーナイトでは打点のない鋼や炎に対して、安定打点を持ち、構築全体で苦手だったファイアローをファスガで止めるというのは実際に回してみて勝利に大きく貢献することが出来ました。またこれまで怒りの粉+トリックルームに依存していましたが、猫騙し+トリックルームという動きが出来るようになったのも大きな強みでした。というわけで以下、簡単ながら個別解説です。


ゴウカザル@気合の襷
性格:意地っ張り
特性:猛火
H152(4)-A171(252)-B91-x-D91-S160(252)
猫騙し/インファイト/フレアドライブ/ファストガード
インファイトでH181-B130(A177ガルーラのけたぐり耐え)ガルーラを最低乱数以外1発
メガ進化前最速ガルーラ+4

ゴウカザルは一般的な陽気ではなく意地っ張りで使用しました。意地っ張りであればガルーラを1発で倒せる他、相手の最速ガルーラより先に猫騙しを打ちつつ、ガルーラのメガ進化後はこちらのほうが遅いので、トリックルーム下では先に動けるためです。実際に陽気で使いたかった場面は一度もなく、意地っ張りという選択は正解でした。


サーナイト@ナイト
性格:控えめ
特性:トレース→フェアリースキン
H175(252)-x-B100(116)-C220(116)-D156(4)-S123(20)
ハイパーボイス/サイキネ/トリル/守る
ハイパーボイスで無振りガルーラを確定2発
ハイパーボイス+ゴツメダメ2回+捨て身反動で無振りガルーラを1発
ハイパーボイス+ゴツメダメで無振りキリキザンを1発
サイコキネシスでH221-D100モロバレルを最低乱数以外1発
A146ファイアローの鉢巻ブレバ耐え
S準速70族+1

この構築におけるトリックルームの始動要員であり、エースアタッカー。ランドロスの威嚇で耐久を底上げした後に、トリックルームやモロバレルとの並びで相手をなぎ倒していきます。外さない全体技を持つ高火力アタッカーとして非常に優秀でした。ヴィクトリアリーグトウキョーで使用した個体と同じものです。


モロバレル@ゴツメ
性格:呑気
特性:再生力
H221(252)-x-B121(160)-C105-D112(92)-S31
めざめるパワー地面/キノコの胞子/怒りの粉/守る
A1段階upガルーラの恩返し耐え
C177ボルトロスの珠めざ氷2耐え
S最遅

めざ地面持ちの最遅バレル。トリックルーム下で草技を打つ機会がなかったので、打点の薄いヒードランを殴れるようめざめるパワー地面を採用。トリックルームに合わせて身代わりを張ってくるヒードランがどうしようもなかったので、トリル下でめざ地で身代わり破壊後にドランの大地で相手のヒードランを倒す動きを作れるようにしました。ゴツゴツメットは主にガルーラとキリキザンが対象です。ガルーラはゴツメダメ2回+捨て身反動+サーナイトのハイパーボイスで倒せます。ヴィクトリアリーグトウキョーで使用した個体と同じものです。


ランドロス@スカーフ
性格:意地っ張り
特性:威嚇
H165(4)-A216(252)-B110-x-D100-S143(252)
地震/雪崩/馬鹿力/蜻蛉帰り
S最速

特に何でもない普通のASスカーフです。相手の動きを見てから理想の並びを作るためにとんぼ返りを採用しました。基本的には威嚇を撒くために先発で出します、その後一旦引いてトリックルームが切れる頃に再び出てきて相手の残りを一掃します。ヴィクトリアリーグトウキョーで使用した個体と同じものです。


ヒードラン@防塵ゴーグル
性格:冷静
特性:貰い火
H191(196)-x-B126-C200(252)-D134(60)-S73
熱風/原始の力(めざめるパワー氷)/大地の力/守る
めざめるパワー氷でH171-D110メガボーマンダを最低乱数以外1発
C238サーナイトのめざめるパワー地面耐え
S最遅

トリックルーム下での相手のモロバレルが重くなるため、持ち物は防塵ゴーグル。サーナイトとモロバレルでは相手のリザードンやファイアローに対して有効打がないため、原始の力を採用し対策することにしました。代表決定戦ではリザードンよりもメガボーマンダが多いと判断し、原子の力をめざめるパワー氷に変更して使用しました。


マリルリ@オボンの実
性格:意地っ張り
特性:力持ち
H204(228)-A110(236)-B100-x-D106(44)-S57
アクアジェット/叩き落とす/腹太鼓/守る
A5段階up叩き落とすでH221-B134モロバレルを1発
S最遅ギルガルド-1

太鼓マリルリです。命中不安のじゃれつくを採用する理由が見当たらないので、第二ウェポンははたき落とすを選択しました。素早さを最遅ギルガルド-1に設定しているため、太鼓を詰まなくともギルガルドに後攻はたき落とすを打つことで1発で倒せることができます。単純にSを落としたことでトリックルーム下で、ゴチルゼルなどのポケモンに対して先制できるのも強みです。先制技ミラーはゴウカザルのファストガードが解決してくれるので、Sを落としたことによるデメリットはありませんでした。



構築全体としては非常に完成度も高く、とても自信のある構築でした。実際にジャパンカップでは好成績で突破することができ、日本代表決定戦でも2連勝スタートと最高の結果でした。ところが、3戦目で今考ると何故あのような選出・動きをしたかわからないような選択をしてしまい、落としてしまったことがとても悔やまれます。

今年は世界大会のDay1に自費参加する予定です。それまでにこの完成度を超える構築を用意し、世界の場で今年、そして去年のリベンジを果たしたいと思います。沢山の応援ありがとうございました!
23 : 12 : 07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

【雑記】なんとなく流れに乗っかってみただけ

まず最初に断っておくと、本記事はあくまで1プレイヤーの勝手な見解であることを念頭に置いた上で読んで頂きたい。

最近、TwitterやBlogで『対戦文化の発展』などに関する話題が上がってるので、なんとなく私も乗っかってみることにした。

先に結論を述べておくと以下の3点に尽きると思う。

・今の環境がそんなに危惧するような状況だとは思わない
・そもそも「対戦文化の発展」って何?
・仮にそうだとして、君らは何をすべきだと思うの?(丸投げじゃん)

ということである。

まず1点目について触れてみる。「盛り上がりに欠けている」だとか「若い世代が出てこない」だとか「情報封鎖が酷い」だとか色々言われているようだが、私は決して「盛り上がりに欠けている」とも思わないし、「若い世代が出てこない」というのも真っ赤な嘘であると思う。

実際にこの数年で対戦オフ会の数は全国的に増加し、その規模、参加プレイヤー数も確実に拡大している。新規参加者(オフの自己紹介で「初参加です」という声もよく聞く)もいるし、最近ではPOPチャンネルといった配信チャンネルも登場しより身近な存在になってきているし、確実に盛り上がっていると思う。「身内のお祭りに過ぎない」という意見もあるが、確かにそれについては否定はしない。ただそれの何がいけないのか?配信などを見て、「身内のお祭」に参加してみたいと思うかは参加者自身である。実際に新規参加者もいるように、新参者お断りといった風潮は決してないし、我々に大きな責任はないと思う。

また「若い世代が出てこない」という点についても、決してそうは思わない。むしろ何を見てこういうことを言っているのか疑問に思うほどである。最近では対戦オフの場でも、2年前はオフの場で名前を聞かなかったようなプレイヤーも多くが上位に食い込んでいる。ヴィクトリアリーグの結果を見ても明らかであると思う。勿論既存のプレイヤーも上位に食い込んでいるが、優勝・準優勝の2人は比較的新しいプレイヤーである。それに、そもそも若いプレイヤーの台頭を既存プレイヤーが手助けするというのもおかしな話だと思う。自ら上位層に君臨する既存の強いプレイヤーという壁を乗り越えて、そうして強くなっていくべきではないだろうか?少なくとも私はそうであった。

最後に「情報封鎖が酷い」という点についても、決してそうは思わない。今の環境で情報封鎖されているなどと言っているのは私から見れば「甘え」にしか見えない。ポケモンの対戦を始めたばかりの初心者や中級者にとって必要な情報は十分に開示されていると思う(むしろ多すぎるぐらいではないか。何を以って情報封鎖されていると言っているのか、問いたいぐらいである。一般に強いと言われるプレイヤーとそうでないプレイヤーの大きな違いは、情報を生み出すことが出来るかどうかが大きな違いの1つであると思う。強いプレイヤーは自ら考え新たなアイデアを生む。甘えてそれに縋っているようでは、いつまで経っても強くなれないし、その情報が開示されないことを「情報封鎖だ」と言っているようなプレイヤーはハッキリ言ってプレイする資格は無いとまで思う。必要な情報は落ちている、あとはそれを探す努力をするかしないかというだけの話であろう。1点目については以上である。

で、2点目。そもそも「対戦文化の発展」って何?という話。具体性が全く無くて、私にはさっぱり分からない。競技人口を増やすこと?取り組みが盛んになって日本人が強くなること?具体案を上げればキリがないだろう。ただここで問題となるのは、何を課題にするかによってそれに向けた取り組みも異なってくるということだ。競技人口を増やすことと大会を盛り上げることでは、アプローチが異なる(勿論共通部分もあるかもしれないが。にも関わらず、「対戦文化の発展」という曖昧な言葉でまとめてしまい解決策との繋がりが全くもって見えないのは問題であると思う。

そして最後3点目について。問題提起することは悪いことではないと思う。だが実際に蓋を開けてみると、「発言力のあるプレイヤーが何もやってないのが悪い」だから自分は何も悪くない、あいつらが何もやらないのが悪いんだといった言わば”丸投げ”が目に付いた。「だから僕はそれに嫌気がさしてポケモンを辞めました」だなんて言われても、「そんなの知るかよ」というのが率直な感想だ。問題提起をするなら責任を以って自分に出来る解決策を考えるべきである。結果それが正解か不正解かはどうでも良いのだ。アプローチを行うことそのものに意味がある。エルム氏だって彼なりに問題を投げかけ、ヴィクトリアリーグトウキョーを開催した。確かに大した効果はなかったかもしれないが、何も行動を起こしてない人にそれを批判する権利はないのではないか。

ということで、私が言いたかったのは以上である。「じゃあ、お前はどういうアプローチをするんだ?」と思う方もいるかもしれないが、私は1点目でも述べたように特に現状に問題を感じていないので、特別何かアプローチをするつもりはない。

強いて言えば、新規層を増やすためには、まず「興味を持ってもらう」ここから入る必要があるだろう。じゃあどうやったら興味を持ってもらえるかという話であるが、私が対戦競技としてのポケモンを始めたきっかけはWCS2009の決勝動画であった。私以外にもこの動画を見て、始めた人は多くいることだと思う。



当時の記憶は定かではないが、何より動画を見てみようと思ったきっかけが世界大会の決勝であること、そしてそこに日本人がいて優勝したことの2つであることは想像に難くない。




今年も私のWCSでの目標は世界大会で優勝することだ。まだジャパンカップを突破した段階でしかないのに、目標が大きすぎると思う方もいるかもしれない。ただ、それだけの覚悟をもって望んでいると思って頂ければ有難い。もし世界大会で優勝することが出来て、将来その対戦動画を見てポケモンを始めたと言ってくれる人がいれば、1プレイヤーとしてそれ以上の幸せはないのではないだろうか。

とまぁ、最初に断りを入れておいたが、あくまで私の主観でだらだらと述べてみた。言いたいことはこれだけ。一言でまとめると、何か文句あるならまず行動を起こしてから文句言おうよ、でも私は現環境がそんなに問題は感じないんだよね、って感じ。まぁそんなわけで何か文句とか意見とかあったらTwitterで直接私に言ってくれれば幸いです。Twitter垢:Scar3020

終わり。



15 : 59 : 02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ジャパンカップ雑感とか

ジャパンカップお疲れ様でした。

私は最終レート1809で全体5位という結果でした。私の中では1780台後半が当初の予想ボーダーだったので、34試合を消化した時点でレートが1794となり、この時点でおそらくボーダーは超えてるだろうなと思ってましたが、残り試合数が6試合と余裕があったのでもう1試合潜り最終的に1809となりました。

今回は非常にボーダーが読みづらかったと思います。実際に1760程度と予想する人もいれば、1800と予想している人もいました。その中で、私が設定したボーダーの1つが勝率80%でした。つまり40戦消化して32勝8敗(1780台後半という予想ボーダーはそこから逆算しました)。実際上位の31名は殆どこの値をクリアしていたのではないでしょうか?私は29勝6敗の勝率82.8%でした。

気になってる方もいるかもしれませんが、私がジャパンカップで使用した構築はサナバレルです。ヴィクトリアで使用した構築をほぼそのまま持ち込みました。最終的にいくつかの構築に絞られた中で、この構築を使用するに至った理由として①殆どが命中安定技で構成されていること、②使い慣れていること、③確固たる勝ちパターンを持っていること、この3点に尽きます。特に①、③の2点はジャパンカップの性質を考えた上で重要な点だったと考えられます。

ということで、本題(?)です。無事今年もジャパンカップを突破することが出来たので、現在は代表決定大会に向けた構築作業の真っ最中です。何か良いアイデアは無いかとブログなどで紹介されている色んな構築を拝見しています。そこで思ったのが、昨夜ちらっと呟きましたが「1匹目のポケモンに採用理由がない構築」が殆どであることです。2匹目以降の説明は「1匹目のポケモンをサポートする〜」だの「相性補完〜」だの色々な理由がついてますが、とにかく1匹目のポケモンに採用理由がない構築の多さに内心「そりゃいつまでたっても勝てねーよ」と思った次第。

例えば私のサナバレル構築であれば「蔓延する電磁波、追い風、こご風構築に対して、メガサーナイトのトリックルームが読まれにくいかつ有効である」だったり、ボルトクチート雨であれば「環境の水技の通りの良さに着目→トノルンパ」などという理由から始まっています。

勝つために一番必要な要素として「環境に対してどういうアプローチを仕掛けていくか」というのが抜けているわけです。それを決めるのが1匹目(or1,2匹目)のポケモンの役割だと思います。勿論、ただ自分の使いたいポケモンを使って楽しみたいというのであれば、そのやり方で良いでしょう。しかし、WCSを目指していながらその要素が抜けていて、あたかもそれっぽい理由を負けた言い訳にし、来年こそは・・・との記述の多さにとても違和感を感じました。もし、この記事を読んでいて心当たりのある方は一度自分の構築を見なおしてみると良いと思います。今後、そこを意識して構築するだけで、結果は大きく変わってくることでしょう。

というわけで私の話に戻すと、昨年は貰った構築を自分流にアレンジしたものを使いましたが、今年はほぼ自分一人で組み上げた構築で予選を通過することが出来、それも5位という好成績を残せたので、昨年よりも構築力も上がったかなーと思います。代表決定大会ではまだどういった構築を使うかは決まってないですが、悔いの無い結果を出せる構築を用意したいと思います。

勿論、今年も目標は日本チャンピオン。昨年はBest4という結果でしたが、TA及び日本代表権利を獲得した嬉しさよりも、準決勝で負けた悔しさの方が大きかったです。去年の悔しさを糧に今年も頑張ります。

以上です、ありがとうございました。それでは、パシフィコ横浜でお会いしましょう。
15 : 53 : 08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

【PT紹介】サナバレルスイッチ【VGC2015・ヴィクトリアリーグ3位】

3/28(土)に行われたヴィクトリアリーグトーキョーで使用、当日予選スイスドロ-6勝1敗(全体7位)、本戦出場者決定戦勝利、本戦5勝2敗で本戦3位となった構築です。3/15(日)に行われたDEXオフでも同じ構築を使用し、予選6勝2敗で1位通過、決勝トーナメント1回戦敗退でした。ヴィクトリアリーグでは、その時の反省を元に一部改良し持ち込みました。

azumarill.gifamoonguss.gifthundurus.giffc-landrus.gifmega-gardevoir.gifheatran.gif

  
ポケモン持ち物特性技1技2技3技4
マリルリ突撃チョッキ力持ちアクアジェット滝登りじゃれつく叩き落とす
モロバレルゴツゴツメット再生力めざパ地面キノコの胞子怒りの粉守る
ボルトロスオボンの実悪戯心10万ボルトめざパ氷電磁波挑発
ランドロス拘りスカーフ威嚇地震岩雪崩馬鹿力蜻蛉返り
サーナイトサーナイト
ナイト
トレース
→フェアリースキン
ハイパーボイスサイコキネシストリックルーム守る
ヒードラン防塵ゴーグル貰い火熱風大地の力原子の力守る


この構築を組むに至った経緯としては、電磁波、追い風が蔓延する環境の中で、それらに強いトリックルームギミックを入れた構築を使いたかったことが第一に挙げられます。ところが、ガルーラのような高火力アタッカーが活躍する環境に於いて、クレセリアのようなトリックルーム使いはトリックルームを張ったあとに置物となる可能性、また単純に読まれやすいという問題がありました。そこでトリックルーム後も自身が積極的に攻撃参加出来、かつ読まれにくいポケモンとしてトリックルームメガサーナイトという結論に至りました。

構築全体としては先発サーナイト+ランドロス、後発モロバレル+ヒードランという試合が約7割を占めます。威嚇でサーナイトの耐久をサポートした後に、ランドロスを引きながらモロバレルを投げサーナイトでトリックルーム。あとはキノコの胞子+ハイパーボイスで相手をなぎ倒していきます。選出がほぼ固定で迷いにくく使いやすいというのも、この特徴の1つだと思います。だいたい全試合中7~8割はトリックルームを張って戦います。

マリルリ@突撃チョッキ
特性:力持ち
性格:意地っ張り
技:アクアジェット/滝登り/じゃれつく/はたき落とす

補完として入ってきたポケモン。基本選出の4体じゃ辛い雨やギルガルドに対して強い駒として採用。素早さを最遅ギルガルド-1に設定し、ギルガルドをブレード状態にした後にはたき落とすを入れることでOHKOを狙ったが、身代わりギルガルドが多くかなり苦戦した。

モロバレル@ゴツゴツメット
特性:再生力
性格:呑気
技:めざめるパワー(地面)/キノコの胞子/怒りの粉/守る

普通?の最遅バレル。トリックルーム下で草技を打つ機会がなかったので、打点の薄いヒードランを殴れるようめざめるパワー地面を採用。トリックルームに合わせて身代わりを張ってくるヒードランがどうしようもなかったので、トリル下でめざ地で身代わり破壊後にドランの大地で相手のヒードランを倒す動きを作れるようにしました。ゴツゴツメットは主にガルーラとキリキザンが対象です。ガルーラはゴツメダメ2回+捨て身反動+サーナイトのハイパーボイスで倒せます。

化身ボルトロス@オボンの実
特性:悪戯心
性格:図太い
技:10万ボルト/めざめるパワー(氷)/電磁波/挑発

一番選出しないポケモンです。昨日も15試合で一度も選出しませんでした。採用理由はキノガッサやドーブル、ラッキー対策。主に催眠系や害悪を見るための枠なのですが、他のポケモンでも良いかもしれません。他5体ではまだギルガルドへの対策がやや薄いので、この枠はまだ改良の余地があると思います。

霊獣ランドロス@拘りスカーフ
特性:威嚇
性格:意地っ張り
技:地震/岩雪崩/馬鹿力/蜻蛉返り

特に何でもない普通のASスカーフです。相手の動きを見てから理想の並びを作るためにとんぼ返りを採用しました。基本的には威嚇を撒くために先発で出します、その後一旦引いてトリックルームが切れる頃に再び出てきて相手の残りを一掃します。

サーナイト@サーナイトナイト
特性:トレース→フェアリースキン
性格:控えめ
技:ハイパーボイス/サイコキネシス/トリックルーム/守る

この構築におけるトリックルームの始動要員であり、エースアタッカー。ランドロスの威嚇で耐久を底上げした後に、トリックルームやモロバレルとの並びで相手をなぎ倒していきます。外さない全体技を持つ高火力アタッカーとして非常に優秀でした。

ヒードラン@防塵ゴーグル
特性:貰い火
性格:冷静
技:熱風/大地の力/原子の力/守る

トリックルーム下での相手のモロバレルが重くなるため、持ち物は防塵ゴーグル。DEXオフで使用したときからの変更点として、原始の力を採用。サーナイトとモロバレルでは相手のリザードンやファイアローに対して有効打がないため、ヒードランに岩技を採用し対策することにしました。原始の力を使う場面はかなり多く良い変更でした。



昨日のヴィクトリアリーグでは合計12勝3敗でしたが、負けた試合はプレイングミスで落とした試合が1つと、ギルガルド入りが2つでした。ギルガルド単体ならまだ何とかなるのですが、そこにヒードランやエンテイが入ってくるとかなりキツイです。優勝したしあさんもシュバルゴがPTに入っており、この構築ではシュバルゴにはまず勝てないと思うので、その点も含めて改良の必要があると思います。

13 : 13 : 57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

【PT紹介】ボルトクチート雨【VGC2015】

第18回アリーナオフで使用し、予選を2位抜け、決勝トーナメント2回戦負けでBest16となった構築です。

ガルーラスタン以外の構築を組もうと考え、環境の水技の通りの良さに着目し雨PTを組んでみました。テーマは「雨に依存しない雨PT」です。トノルンパの並びも強力ですが、この2匹を選出しない場合の4匹も完成されておりかなり扱いやすく強力です。

最初に仮組みしてみたものをレートで回したところ48勝11敗と非常に高い勝率を残すことが出来たので、殆ど初期状態から修正を加えること無くアリーナオフへ持ち込みました。当日ポップチャンネルの方にも出させて頂いて、このPTの解説をしていますので、そちらの方も見て頂ければ幸いです(ニコ生のタイムシフトで見れると思います)。
politoed.gifludicolo.gifthundurus.gifmega-mawile.gifgarchomp.gifhydreigon.gif

  
ポケモン持ち物特性技1技2技3技4
ニョロトノ拘りスカーフ雨降らし波乗り熱湯冷凍ビーム雨乞い
ルンパッパ突撃チョッキすいすい猫騙しハイドロポンプエナジーボール冷凍ビーム
化身ボルトロスゴツゴツメット悪戯心10万ボルトめざパ氷電磁波挑発
クチートクチートナイト威嚇
→力持ち
アイアンヘッド岩雪崩不意打ち守る
ガブリアス命の珠鮫肌ドラゴンクロー地震岩雪崩守る
サザンドラ拘り眼鏡浮遊流星群悪の波動大文字ラスターカノン


とても簡単な個別解説。

【ニョロトノ】
性格:臆病
H166(4)-x-B90-C142(252)-D120-S134(252)
雨降らし要員。オボンなどを持って手助けしたりする型も考えましたが、上から波乗りで全体を削るのが強かったので結局スカーフ。

【ルンパッパ】
性格:控えめ
H156(4)-x-B94(28)-C156(252)-D121-S118(212)
メインアタッカー。雨ハイドロポンプは非常に強力です(当たれば。このポケモンは雑に扱ったほうが強いと思います。

【化身ボルトロス】
性格:図太い
H184(236)-x-B132(240)-C145-D100-S135(28) ※めざ氷個体
電磁波撒いたり挑発したり、悪いことします。持ち物がオボンでないのは、ランドロスやテラキオンなど岩雪崩を打ってくるポケモンが選出されにくいため。ガルーラの捨て身を耐えながら、ゴツメ+反動で半分以上削れるのは強力です。

【クチート】
性格:意地っ張り
H135(76)-A167(212)-B145-D115-S98(220)
とても早いクチート。ニンフィアのハイパーボイスを通されるとキツイのでしっかり上とって倒します。耐えて殴るという考え方もありますが、怯みや急所の事故を引き起こしやすいのでS挙げて上から殴れるポケモンを増やしたほうが強いなと感じました。じゃれつくを切って岩雪崩を採用したのは、ゴツゴツメットを持ったクレセリアやモロバレルを触ることなくダメージを与えたいと理由や、等倍技はアイアンヘッドで事足りること、炎タイプに打点を持ちたかったことなどの理由があります。

【ガブリアス】
性格:陽気
H183-A182(252)-B116(4)-x-D105-S169(252)
雨に対して出てくるリザードンを見る枠。ランドロスでは拘りスカーフを持たないと、最速のリザードンを抜くことができないのでガブリアスを採用。キリキザンに対しても、負けん気を気にせず選出できるのでとても扱いやすいポケモンだと思いました。耐久振りのリザードンを岩雪崩で倒せるようにするために命の珠を持たせましたが、環境に増えているCSボルトロスが辛いのでヤチェとかのほうが今は使いやすいと思います。

【サザンドラ】
性格:控えめ
H168(4)-x-B110-C194(252)-D110-S150(252)
サザンクチートの並びが強力です。ヒードランが選出されにくいので、大地の力は外してラスターカノンを採用。ガブリアスの地震+サザンドラのラスターカノンでニンフィアも落とすことができます。


・感想
とても強い構築だとは思いましたが、やはり雨PTの最大の難点でもある命中不安が払拭しきれなかったので、ジャパンカップなどでは使いづらいかなーと思いました。

おしまい。
22 : 09 : 53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

Scar

Author:Scar
ポケモン関係がメイン。PT/単体の考察とか紹介とか、その他諸々。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (52)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード